最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

インプラントと芸能人について

インプラント治療を受けた芸能人の方も少なくないはずなのですが、それを公にしている方はまだ少ないようです。

◆インプラント治療経験のある芸能人

『有吉弘行さん』
ある日、大変な歯痛に襲われたそうなのですが、不運なことにその日はかかりつけの歯科医の休診日だったそうで、仕方なく違う歯科医へ行ったとのこと。
けれど、そこで抱いたのは不信感。それというのも、美人の歯科医師がいきなり抜歯して、更にインプラント治療を迫ってきたからだというのです。
有吉さんは結局、夏目未久さん(番組共演者)の紹介で、また違う歯科医へ行き、そこでインプラント治療を受けることにしたという話です。

『バナナマン・日村さん』
歯周病の進行が理由で、歯並びにまで悪影響が出ていた日村さん。
遺伝的要素やオーラルケアや歯科医でのクリーニングをおろそかにしていたことが元だったそうですが、そのために500万円もかかってインプラント治療したと雑誌のインタビューで話されています。
上顎10本、下顎5本にインプラント治療をされたらしいです。

『堀江貴文さん(ホリエモン)』
堀江さんは歯、歯周病といったものに対しての意識が高いらしく、かつて刑務所内に歯間ブラシを持ち込もうとしたこともあるという話です。
そんな堀江さんは前歯をインプラントにしているとのこと。
服役中に人口の歯が脱落して困ったという話もあります。

『和田アキ子さん』
長年に渡り色々な歯の治療を受けてきたらしいのですが、数年前に下顎の全ての歯を自分の歯からインプラントにしたそうです。
ベンツ1台分の費用がかかったとも言われているらしいです。

かつては、アパガード(歯磨き粉)をとても有名にした『芸能人は歯が命』というキャッチフレーズが流行したものでした。
東幹久さんと高岡早紀さんのコンビで作られたCMで、1995年頃のことです。
もう20年ほど経ちますが、当時を知る方なら覚えていらっしゃるという人も多いのではないでしょうか。
今も昔も、やはり芸能人は歯を大事にするものです。
インプラント治療を受けられる方がいらっしゃるのも、そのためでしょう。
費用がとても高いという難点がありますが、『歯は命』という言葉があるように他には変えられないということかもしれません。

 - 未分類