最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

虫歯がもたらす生命の危機

虫歯が疼きだすと、痛みとともに不安に駆られますよね。

「あぁ、もっと早く歯医者さんに行けばよかった…」

こんな後悔もしたりします。でも、痛みがおさまってくると

「あぁ、良かった。もう大丈夫!たかが虫歯だし…」

こんなふうにして、ついつい放置していませんか?虫歯だからと甘く見てはいけません。長く放置していると、命を脅かされる場合もあるのです。

虫歯を放っておくと、どれほどの危険があるのか…そのリスクについてご説明しましょう。

◆知らないとコワイ!虫歯菌がもたらす深刻な影響

虫歯を放置すると、歯だけではなく、体のいたるところに虫歯菌が悪影響を及ぼします。しかも、その期間が長くなればなるほど、影響はどんどん深刻なものになり、症状も重篤になります。
虫歯は、悪化すると細菌が神経に到達し、しまいには血管や脳、骨にまで広がってしまいます。

その症状のひとつが、頭痛です。

虫歯による頭痛でよくみられるのが、顎関節症の併発による頭痛です。
虫歯になると、そこの部位だけ高さが変わって低くなったり、虫歯を避けて噛もうとするため、噛み合わせが悪くなります。
そのせいで顎関節症を引き起こし、慢性的な頭痛が生じてしまうケースです。

でも、これは顎関節症によるものなので、生命の危険はありません。

恐ろしいのは、虫歯菌が脳にまで達し、血管内に血栓を作ってしまうことで起こる頭痛です。
この頭痛は最悪の場合、生命を落としかねないほど危険なものなのです。

個人的な話になりますが、私の友人のお父さんは、虫歯を放置し、頭が痛いと病院へ行ったその日に亡くなってしまいました。
原因が虫歯だったと聞いて、私は驚きを隠せませんでした。
この時、虫歯の本当の怖さを思い知らされました。

虫歯を治療せずに、ずっと放置したままで、頭痛に悩まされるようになった場合は、一刻も早く歯科医院や専門外来で診てもらってください。

甘く見ていると、取り返しのつかない結果を招くこともあるのです。
放置している虫歯があるなら、命に危険が及ぶ前に、どうか早めに治療を受けてください。

虫歯と命を引き換えにすることなど、あってはならないのですから…

 - 未分類 , ,