最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

虫歯の予防には唾液が重要

子供の頃、「しっかりよく噛んで食べましょう」と先生や両親に言われたことはありませんか?
なぜ?と疑問に思いながらも、言われた通りしっかり噛んで飲み込むようにしていたものです。

実は噛むという行為には、さまざまなメリットがあります。
口の中から胃・腸へと至るまでの消化吸収が楽になり、さらに虫歯を予防する効果もあると言われています。

人間の口の中には唾液が分泌されています。
唾液には消化酵素・アミラーゼが含まれ、糖質を分解して体に吸収しやすくします。
糖質をしっかり分解することで、口の中で虫歯菌が増殖するのを抑えるはたらきがあるのです。

また、唾液には菌を集めて塊にし、外に排出するムチンという成分なども含まれています。
主にネバネバとした唾液に含まれている成分ですが、ムチンによって口内に細菌が大増殖するのを防いでいるのです。

私たちは、ふだんの食事で多くの糖分を摂取しています。
ご飯などの炭水化物、甘い物、飲み物などにも糖分は含まれています。
実はこれらの糖分は、虫歯菌の一種であるミュータンス菌が分解することで酸を発生させ、
歯を溶かす原因となってしまうのです。

糖を吸収しやすくし、口の中をきれいに保つことでミュータンス菌が活動しにくくなります。
つまり、しっかり噛むことは人間のもつ自然なバリア機能を発揮させるということ。
お子さんにもよく理解していただきたい部分です!

また、基本的なことですが、唾液は口の中を洗浄する役割もあります。
まったく唾液が分泌されないと、口の中は非常に不衛生で不潔な状態に。
もちろん、虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。
しっかり噛んで唾液を安定的に分泌することで、口が清潔に保たれるというわけですね。

ふだんから唾液の量が多い人は、虫歯になりにくいと言われています。
これは先ほど述べた、口の中が清潔に保たれるはたらきのため。

しかしいくら唾液量が多くても、放っておけば虫歯菌はどんどん増殖します。
毎日の歯磨きやうがい、デンタルケアなどはこまめに行い、確実に虫歯を予防していきましょう。

 - 未分類 , ,