最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

臭い玉が口臭の原因に!?

しっかりケアしているつもりでも、自分以外の人にすぐバレてしまうものが「口臭」です。
意外にも、口臭の原因は食べ物や年齢だけではありません。
「臭い玉」と呼ばれるものも、きつい臭いの原因になるんです!

臭い玉とは人間の喉にできる膿の塊。
正式には「膿栓(のうせん)」と呼ばれています。

咽喉内の扁桃の表面にあるくぼみに、リンパ球や白血球、細菌の塊、脂肪酸などさまざまな物質が溜まることで出来上がります。
厳密には、人間の持つ免疫物質が細菌を殺し、その死骸がさまざまなカスとくっつくことでできる塊のことです。

臭い玉は喉が乾燥しやすい方や、弱い方に多くできると言われています。
咳をした時など、喉から白い塊が飛び出してきたら、それは臭い玉です。

最初は異物を吐いたと思い、手に取ったり潰したりする人もいるようですが、臭い玉は潰すと悪臭を放つため注意が必要です。
基本的に無害なため、放置しておいても問題はありませんが、気になって自分で取り除こうとすると喉を傷つける可能性も。
どうしても気になる時は、耳鼻咽喉科へ行って吸引や洗浄などをしてもらい、取り除いてもらいましょう。

臭い玉ができると口臭がひどくなるため、人と会う前などは喉をチェックすると良いでしょう。
もちろん普段から臭い玉ができないよう予防することも可能です。

予防策としては、まず家に帰ってからうがいをする習慣をつけましょう。
常に喉を清潔にしておくことが、臭い玉を予防するためにもっとも効果的な方法です。

緑茶などのお茶でうがいをすれば、茶カテキンの力で細菌を抑制することができますし、
入浴の際にシャワーで喉の奥を洗浄する方法もあります。
口の中を清潔にするという意味では、食後にしっかりと歯を磨いて食べ物のカスを残さないようにしましょう。

いずれにしても、臭い玉は口腔内と咽喉内に汚れが溜まることでできやすくなるものです。
毎日の地道なケアが、口臭予防や虫歯予防などにも繋がりますから、忘れずにケアしていきましょう!

 - 未分類 , ,