最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

歯科衛生士によるクリーニングが勧められるのは何故?

歯のケアというと、自宅でのセルフケアと歯科医院で歯科衛生士から受けるケアがあります。
自宅でのセルフケアというのは、歯磨きやデンタルフロスなどを使用して行うもので、歯科医院でのケアは歯科医衛生士などから受けるクリーニングのことを言います。

日本人はまだまだ「歯は悪くなってから治療するもの」という意識があるため、毎日の歯磨きを歯間ブラシ等を併用してしっかりとしているのだから大丈夫!と考え、予防とケアのために歯科医へ定期的に通うという人がまだまだ少ないようです。
しかし、どれだけ丁寧に歯のケアをしているつもりでも、自宅でのケアだけでは完全に綺麗にすることはなかなか難しいものです。

健康なお口の状態を保つために、自宅での毎日のケアとあわせて、歯科医でのクリーニングを受けることをお勧めします。

歯科医院でのクリーニングの方法は医院によって若干の違いはありますが、意図するところは同じですので心配要りません。
歯垢、歯石、ステインといったものを除去し、口臭を改善するというのがクリーニングの目的となります。
歯垢や歯石は虫歯や歯周病の元になるのですが、これらは毎日の歯磨きだけでは完全に取りきるのは難しいものです。歯科医院でのクリーニングをうけることで、取り切れない歯垢や歯石を取り除くことができます。

クリーニングを定期的に行うことで細菌量の増加も抑制出来ますので、既に歯周病になっている人にも改善効果が期待出来ます。タバコや色の強い飲み物(コーヒー、ワインなど)の着色汚れもクリーニングで綺麗に出来ます。

気をつけないといけないのは、保険適用されるクリーニングとされないものがあるということです。
歯の治療、トラブル予防のために行うものは保険適用されますが、歯に問題はないけど白くしたいといった審美目的のためなら適用されません。

自宅での毎日のケアは、歯ブラシでのブラッシングあわせて、歯ブラシが届きにくい歯と歯の間などは、歯間ブラシやフロスを使うようにすることをおすすめします。
さらに、定期的に歯科医院で歯科衛生士によるクリーニングを受けることで、健康な口内環境ときれいな歯を保つことができます。

 - 未分類 ,