最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

歯科医で受ける定期検診の費用について

歯科医院で定期検診を受けているという人は、まだまだ少ないのかもしれません。
日本では、歯科医院へは虫歯などのトラブルがおこってから通うという意識が強いため、歯の先進国である欧米のように予防のために通うものという意識があまりないように思います。

しかし、大きな虫歯ができてしまったなど、トラブルがおこってから歯科医へ行くと治療時間も長くなりますし、金銭的にも気持ち的にも負担が増えてしまいます。
そのため、虫歯の予防と早期発見のために定期検診に行くことをお勧めしています。

定期検診の費用は、一般的には3,000~4,000円程度です。
審美目的だと保険が適用されませんが、口内トラブル予防や発見のための通常の検診なら保険適用されますので、大きな負担にはなりません。

ちなみに、定期検診を受けた方が良い頻度というのは年齢によって変わってきます。
基本的に、20~30歳の人なら3~6ヶ月に1度、30~50歳の人なら3~4ヶ月に1度、50歳以上の人なら1~3ヶ月に1度でいいかと思います。
特に自覚症状がないのに歯科医院へ行くのは、時間をとられると思うかもしれませんが、虫歯治療を受けるために通うことを考えると、時間も費用も、心身の負担もずっと少ないと思います。

定期検診に行くと、虫歯や歯周病などのトラブルチェックをしてもらえますし、歯石や歯垢のクリーニング、正しい歯磨き指導もしてくれます。
自宅で毎日しっかりと歯磨きしているつもりでもどうしても磨き残しはあるものです。磨き残しが積み重なって、大きな虫歯になってしまうまえに定期的に歯科衛生士によるクリーニングをうけておくと安心です。

今、日本人の80%程度は歯周病になっていると考えられています。
歯周病はどんどん進行してしまうため、歯科医で定期検診を受け、既になっているのなら進行を防ぐことが必要です。
口内の健康は全身の健康にも影響すると考えられるように、口内を健康を保つことは重要なことです。
高齢になっても自分の歯を残すことが元気に生きるためのポイントでもありますので、歯の検診には定期的に通うことをお勧めします。
自分では分からない歯や歯茎の状況も、歯科医に診てもらうと安心です。

 - 未分類 ,