最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

気になる乳歯のグラつき、どうしたらいい?

安定せずにグラグラしてきた乳歯、、、スムーズに抜けない状態が続いている場合は、そのまま放置していても大丈夫なのか、早めに抜歯してしまった方がいいか、ちょっと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
乳歯が抜けないままでいると永久歯にも影響がでてしまうのでは・・と思ったりもしますよね。

永久歯が成長するための根本部分が形成される頃に、それまで乳歯を支えていた根は溶けていきます。根元が不安定になった乳歯はやがて抜け、永久歯が生えてきます。
永久歯が生えるスペースを確保するためにも、乳歯がグラついてきたからといってすぐに抜歯してしまうのは問題です。
永久歯が生えるまでの間、乳歯をある程度残しておくことは重要です。
早い段階で、乳歯が抜けてしまうことで永久歯の生えるスペースを確保できなくなり、歯並びが悪くなってしまう可能性もあるからです。

乳歯が抜けた後、永久歯がスムーズに生えて来ないような場合、永久歯が歯肉に覆われたままになっているのかもしれません。歯肉に隠れた永久歯が出てくるまでにある程度の時間が必要となります。

乳歯がグラついた状態のまま抜けなくても、永久歯がまだ生えていないなら不安にならなくても大丈夫です。そのまま自然に抜けるまで待ってよいでしょう。
永久歯の成長が目で確認できるのに乳歯がうまく抜けない場合は、早めに乳歯が抜けるように少し揺らしてみてあげてもよいでしょう。
なかなか、抜けづらい状態の場合、噛むと痛みを感じることもあるでしょう。食事するのも一苦労というのでしたら、歯科医院で、抜歯を行うことをオススメします。

基本的には、乳歯がグラついてきても、生活に支障が無いのでしたら、早急に抜く必要はありません。そのまま自然に抜けるまで待っておいてください。

歯がぐらぐらしたままだと、お子様にとっては、気になるし違和感があるものだと思います。お子様に歯がぐらぐらしているのは、新しい大人の歯が生えてくる準備をしているからであることをお話してあげても良いかもしれませんね。

 - 未分類 , ,