最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

親知らずを抜いた方がいいケース

親知らずは必ずしも抜いた方がいいというものでもありません。
問題がなければ残しておいてもメリットがあるのです。
そのため、ここでは抜いた方がいいケースに関して記しましょう。

◆親知らずが虫歯や歯周病になっている場合

親知らずは奥歯の更に奥に生える歯のため、歯ブラシが届き難くケアが難しい歯です。
ですから、他の歯に比べると虫歯や歯周病になるリスクが高く、かつ進行するまで気づき難いという歯でもあります。
虫歯や歯周病の度合いにもよりますが、ひどい場合には治療して残すよりも抜歯の方がいいと思います。

◆親知らずのために、歯茎や頬の粘膜が傷つけられている場合

上下で噛み合わないと、親知らずはどんどん伸びてしまいます。
そのため、向かいの歯茎、頬の粘膜などを噛んでしまい、傷になることもあるのです。
更に、噛み合わない親知らずのために顎関節症になる可能性もあるので抜歯をした方がいいでしょう。

◆親知らずが手前の歯を押すことで、歯並びが悪くなっている場合

親知らずが生えるスペースがなかったりすると、真っ直ぐ綺麗に生えることが出来ません。
こうなると、手前の歯を押すようにして生えてしまうので、歯並びが悪くなってしまうのです。
この場合も、抜歯を考えた方がいいと思います。

◆智歯周囲炎が起こって痛みがある場合

智歯とは親知らずのことで、ここを中心に歯茎に炎症が起こることを智歯周囲炎と呼びます。
長く、歯茎が親知らずの一部にかかった状態が続いたりなどすると炎症が起こることがあり、その結果、智歯周囲炎が周囲の軟組織や顎の骨にまで広がることもあります。
こうなると、顔が腫れてしまったり口を開け難くなったりする場合があるのです。
疲労などによっても炎症を起こしたりしますが、投薬で症状抑制は可能です。
ただ、何度も繰り返すようなら抜歯を考えた方がいいでしょう。
尚、炎症を放置すると炎症範囲が拡大して痛みが悪化し、抜歯することも難しくなるかもしれませんので注意が必要です。

 - 未分類 ,