最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

カルシウムを摂るなら「スーパーフード」

スーパーフードとは、北米で1980年代より注目されはじめた食品です。
他の食品と比べて栄養価が高く、自然由来であることもスーパーフードの定義に含まれます。
また、人間が体内で生成できない栄養素を含んでいたり、抗酸化力に優れるなど
健康増進に効果の高い食品にもスーパーフードという言葉が使われる場合があります。

日本で話題のスーパーフードには、アサイー・ココナッツオイル・チアシード・スピルリナなどが挙げられます。
他にもケールやクコの実、マカなど健康食品に使われる食材の中にもスーパーフードと呼ばれるものが存在します。

アメリカではセレブリティをはじめ、一般家庭の間でも大変な人気となっています。
日本では美容目的のため若い方や女性を中心に人気がありますが、栄養価が高いため男性やお子さん、ご高齢の方にもおすすめです。
特にカルシウムが含まれた食材は、骨粗しょう症予防や体の組織をしっかり作る時にも欠かせません。

カルシウムが多く含まれるスーパーフードには、「チアシード」が代表的です。
チアシードはシソ科のミントの一種で、チアという植物の種子のこと。
カルシウム・タンパク質・必須脂肪酸・食物繊維を含んでいるバランスの良い食材です。

ヨーグルトに混ぜて食べる人が多いようですが、パウダー状になった製品もあるので、プチプチした食感が苦手な方は粉末タイプを選ぶと良いでしょう。

次に、青汁の原料でもおなじみ「ケール」もおすすめです。
小松菜などの野菜と比べてカルシウムやビタミンCが豊富で、美容やアンチエイジングに最適。

現代の日本人のカルシウムの摂取量は女性が650mg、男性は650mg~800mgが理想とされていますが、実際の平均摂取量は499mgと500mgに届いておらず、体内に不足しやすいミネラルと言われています。

言うまでもなく、カルシウムは骨や歯などの組織をつくり体を健康に保つ栄養素。
野菜や乳製品だけでなく、チアシードやケールなどのスーパーフードを上手に活用して、カルシウムをしっかりと補っていきましょう。

 - 未分類 ,