最新インプラント治療 ~名医の見つけ方~

今、時代が求めているのは、30年以上使えるインプラント。さらに歯茎まで美しい審美インプラントです。

*

きれいな歯ってどんな歯?

芸能人ならずとも、今では子供から大人まで誰もがきれいな歯を持っています。
歯がきれいであるということは、他者からの第一印象を良くし、笑顔をさらに魅力的にみせる効果があります。

では、どのような歯がきれいな歯と言えるのでしょうか。

①歯の白さ
魅力的な口元をつくるには、歯を白くすることがもっとも手軽な方法です。
茶しぶやタバコのヤニ、歯垢などで色がところどころ変色した歯は、不潔な印象を与えますし、
汚い歯を放置していると、人と会った時に相手からのイメージダウンにつながる可能性も。

審美歯科では「ホワイトニング」と呼ばれる方法で歯を白くしていきますが、
自宅でも専用の製品を使うことで手軽にホワイトニングができます。

②歯並び
横一列、きれいに揃った歯は口元に安定感を与えます。
厳密に言えば、歯の大きさや色、高さなどが揃っていることも条件のうちに入りますが、
歯を見せたとき上と下のバランスが取れていて、歯が左右対称に並んでいれば問題ないでしょう。

人によっては、歯と歯の間が空いていたり、前後に重なって生えてしまっている場合があります。
これでは歯並びが良いとは言えません。

矯正歯科では歯がきれいに並ぶよう、時間をかけて確実に施術を行います。
大人になってからでも歯並びを治すことはできるそうですし、審美歯科と組み合わせれば理想的な歯に整えられます。

③歯の形
美しい歯並びを手に入れるためには、歯の形も重要なポイント。
たとえば犬歯が尖りすぎていたり、前歯だけが大きな四角形で目立つような歯などは、
随時形を整えていく必要があります。
歯の横列から飛び出している長い歯などは、自分以外の相手には「浮いて」見えるようです。

きれいな歯を手に入れる前に、まずは鏡の前で口を開けたり歯を見せたりして、歯の状態をチェックします。
歯列や色、形を見て、歯の色や歯ぐきの状態なども細かく見ていきましょう。
自宅でケアしきれない部分は、矯正・審美歯科など専門のクリニックに相談すると良いでしょう。

 - 未分類 , , ,